FUJI CARRER DESIGN

テレビ局情報番組での
ADアルバイト

POINT 01

情報番組制作現場でのAD補佐

POINT 02

番組の一員として責任感と
柔軟な対応が培われる現場

POINT 03

気さくな同世代のスタッフと
働きやすい環境

INTERVIEW

オンエアに向けた環境づくり

メインの業務としては「楽屋準備」「台本刷り」「スタジオ準備」の3つです。演者さんが楽屋で快適に過ごせるようお弁当などを配置したり、打ち合わせの台本を刷ったり、スタジオの準備では演者さんが座る椅子や飲み物を用意したり、今はリモート部屋の設営なども行っています。主にADさんと一緒に作業をすることが多いです。作業時間の合間には年齢が近いこともあり、ADさんから気さくに話かけてくださるので働きやすく、コロナ禍ではありますが、感染予防を徹底しながら実際に現場で働くことが出来ている環境にとても感謝しています。

制作部門学生アルバイトK・Nさん

小さな気遣いが大事な現場

勤務中に意識していることは「気遣いの度合い」です。勤務時間はオンエア前なので、スタッフルームには常に緊張感が漂っています。邪魔にならないように気を遣って動くことを常に意識し、他のスタッフの方たちがオンエアに向かって全集中できるよう、小さな気配りを心がけています。

一日の仕事の流れ

演者さんが過ごしやすい環境作りを 番組に携わる全スタッフの台本を印刷し速やかに各所に届ける 出し物やリモート部屋設営など 6:30 7:00 9:00 10:00 13:00 退社 出社 楽屋準備 台本刷り スタジオ準備

今後の目標やキャリアプランは?

「テレビ局で働きたい」と漠然と思い描いていただけの大学生の私が、今では番組制作の一員として責任感を持ちながらテレビ局内を走り回っています。今後は、私がテレビを見ていて感じるワクワクを今度は届ける側へなりたいとテレビ局への就職を目指しています。正直なところ今は就職の先を明確にビジョン化することが出来ていませんが今のお仕事で学んだことを存分に生かして今後お仕事をしていきたいと思っています。