PICK UP特集

 

ラジオ局管理部門での秘書業務

  1. POINT 1

    POINT 1 イメージ

    来客対応や上司のスケジュール管理を行う仕事

  2. POINT 2 イメージ

    コミュニケーションだけでなくホスピタリティも大切

  3. POINT 3 イメージ

    オンオフのメリハリがあり、働きやすい環境

INTERVIEW

Have fun working!!

管理部門秘書業務担当A・Kさん

一般事務から秘書へキャリアアップ

上司のスケジュール管理や来客対応、経費精算などのサポートですが、最も重要な業務は秘書が窓口となるスケジュール管理です。今の部署に異動してから「一歩先を考え行動すること」「誰に対しても丁寧で分かりやすい対応」の2点をより一層強く心掛けるようになりました。役員の意向やスケジュールを把握した上で、効率よく動けるよう時間管理をするのは勿論ですが、予定の重複や抜け落ちが無いよう、常にスケジュールを確認し把握するようにしています。コロナ禍になり、今までと違う環境下にはなりましたが、やる事は変わらないのでモチベーションも下がることなく仕事に取り組むことが出来ています。緊急事態宣言下でのローテーション勤務では、自分の業務だけでなく、今まで以上に全体を把握しようと心掛けました。

憧れの会社で働く夢をかなえるために
“派遣”を選択

両親の影響もあって小さい頃から常に生活の中にラジオがありました。毎日聞いていても聞き飽きず、どの時間帯も面白くて楽しい番組を作っているラジオ局で働きたいという夢を捨てきれず、転職を決意しました。どうしたら憧れの会社で働くことが出来るのかを考えたときに、働き方の間口を広げ「派遣」という選択肢を見つけました。会社全体としては皆さん明るく優しい方々ばかりです。現在の所属部署も常にコミュニケーションがとれる雰囲気で、スムーズにお仕事ができ、とても働きやすいです。

一日の仕事の流れ一日の仕事の流れ

今後の目標やキャリアプランは?

働き方が多様化している今、「派遣」はライフスタイルや自分の出来ることを活かせる場所で仕事ができるとても効率的な働き方だと思います。現在の業務は初めて携わる業務なので、まずは秘書としてのお仕事を正確且つ確実にこなすことが目標です。日々その時々の求められることが違い、臨機応変な対応を求められる毎日なので今は目の前のお仕事に集中しています。新しい知識が増え、充実しているのでとてもやりがいを感じています。もう少し余裕が出てきたら、改めて自分のキャリアプランを考えていきたいと思っています。